会員制のSM風俗店

自己処理の延長線上だと思う

風俗は決してオナニーではないんです。自己処理ではないとは思いますけど、でも感覚としては「自己処理」に近いのかもしれません。風俗で女の子と遊んで性欲を処理してもらうのは、カップルでの行為とはまた違った気持ちになりますよね。快感だけを求めたものなので、愛情行為とかスキンシップとかとはまた違うものなんですよ。どちらが良いということじゃなく、方向性の違い…と呼ぶには大袈裟ですかね(笑)だから風俗も広い意味では自己処理というか、女の子に手伝ってもらっての自分の性欲処理なんじゃないですかね。セフレでもいればここに入るのかもしれませんけど、セフレを作るためにはそれなりの努力が求められるじゃないですか。それよりは風俗に行けば、当たり前のように簡単に性欲処理が出来るので、性欲処理をと考えている人にとってはうってつけの場所なんじゃないのかなって思いますけどね。その点だけでもやはり風俗には存在意義があるんじゃないかなと。

もう風俗だけで十分だと思った

趣味として考えた時、風俗さえあればそれだけで十分なんじゃないのかなって気持ちになってきたんですよね(笑)だってもう他のことでお金を使うのが勿体ないというか、どうせお金を使うなら自分自身で納得出来るものが良いじゃないですか。お金だって結局は無限ではないんです。有意義に、そして自分自身が納得して使うのであれば風俗がいいのかなっておもうようになってきたんですよね。風俗の良い所はいくつもありますけど、やっぱり何と言ってもその魅力はその世界観です。女の子は絶対服従と言うと変ですけど、お客であるこちらのことを誰よりも考えてくれるじゃないですか。しかもただ考えるだけではなくて優しさも持ち合わせているんです。これらを総合的に考えると、やっぱり嬉しいものですよ(笑)むしろそれをしてくれる存在が自分にはそうそうないという現実があるからこそ、風俗さえあればそれだけでも十分というか、唯一無二の存在になっているんですよね。