会員制のSM風俗店

希望とは風俗のことだったのかも

人間は希望がなければ生きていけないって言うじゃないですか。「希望」は大袈裟かもしれないですが、何かしら楽しみがなければなかなか難しいのも事実ですよね。例えちょっとしたことでも良いと思うんですよ。友達との飲み会が週末に控えているからそれまで頑張ろうとか(笑)この程度であっても楽しみであることは間違いないと思うんです。そして、自分にはその「楽しさ」が風俗なんですよ。これまで面白くもない仕事を頑張れているのはそのためなんじゃないのかなとも思いますね。どれだけ自分のことを考えられるのか。それはやっぱり風俗という「楽しみ」が待っているからこそなのかもしれません。風俗で遊んで発散出来る…その気持ちがあるからこそ、楽しくもなんともないことにも耐えられるんじゃないのかなって思う自分もいますので、風俗のように自分の気持ちを解放しつつ、自分がのめり込むことが出来るジャンルの存在は、娯楽以上の存在感になっています。

どちらを優先するのかですしね

いろんな選択肢がありますけど、風俗で遊ぶ時には何を優先するのか。これがやっぱり大切になってくるんじゃないかなと思いますけどね。むしろそれがとても大切だからこそ、自分なりにいろいろと考えることも多いような気がするんです。それらを上手く考えるというか、じゃあ他に何をするのかとか、どういったことに注視するのか。それらを考えることによって、自分が何を優先するのかも見えてくると思うんです。だからそのためには、結局の所自分が風俗に何を求めているのかを明確にすることも大切になってくるんじゃないかなって思うんですよね。「何となく」とか「とりあえず」ではなく、明確な目的を持って風俗を楽しむよう心掛けています。結局その位の気持ちを持っていないと、せっかく自分がお金も時間も消費しているのに、消費に見合った満足感を得ることが出来ないんじゃないかなって気持ちが芽生えてしまうんですよね。だからそうならないよう、目的を明確にです。